« 20007.探偵コナン・ドイル | トップページ | 映画『子どもたちをよろしく』 »

2020年3月27日 (金)

20008.三体

Img_3405

『三体』 劉慈欣

この作品が凄いという話は聞いていたけれど手を出せずにいました。ところが、早川書房が電子書籍のバーゲンセールをしていたので思わず購入。コロナウイルスの影響もありテニスも思うように出来ないのでこの機会に話題作を読んでしまおうと。
数学は苦手です。中学では得意だと思っていました。答えが明確に出てくるから好きだと。ところが高校の数学で挫折しました。定義とか定理とか公式とか訳判んないじゃないですか。要は世の中の現象に一定の法則を見つける。その法則を使って先を予測したり、新しいものを作ったりするんですね。
人間はその昔、自然現象はすべて神的なものとして畏れ慄いていたようです。それが段々と法則を発見し、今ではすべての事象を理解し制御できると思うようになりました。しかし当然すべての事象を理解し説明できる訳ではありません。


この『三体』です。

「題名の「三体」とは、作中でも説明されているとおり、天体力学の〝三体問題〟に由来する。三つの天体がたがいに万有引力を及ぼし合いながらどのように運動するかという問題で、一般的には解けないことが証明されている」

劉 慈欣. 三体 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.6738-6740). Kindle 版. 訳者あとがきから

簡単に言うと、「太陽が三つあったらその動きは予想することは不可能」ってことらしいです。突然氷河期になったり、灼熱の地獄になったりするってことみたいです。地球人の常識からいうと人間は生きていけません。でも、太陽が三つある星に文明を持つ生物(人間みたいな)がいて、その星と地球が交流を持つというのがこの物語の基本設定です。
私にはこの基本設定さえも理解不能です。

凄い小説です。基本的な数学さえも、ましては天体物理なんて全く理解できない私みたいな者が一気読みしてしまうほど面白いのです。
墨子とか孔子とか、ニュートンやアインシュタインとか登場します。名前は知っているけどその思想や理論なんてよくわかんない。語られる科学的なことは一片も理解できない。それでも面白いのです。
専門的知識を持つ方には突っ込みどころ満載のようで、それはそれで楽しめるのではないかと思うのですが。とにかく堪能しました。

|

« 20007.探偵コナン・ドイル | トップページ | 映画『子どもたちをよろしく』 »

コメント

素人が全く理解できない数学や物理学の解説を縦横無尽に展開して驚かせる小説が確かにあります。突っ込み所を突っ込めない素人の悔しさを感じてしまいます。でも、ストーリー展開に厚みを持たせる抜群の効果があります。僕もしばらくぶりに小説を読み始めました。楡周平の「フェイク」で、銀座のクラブが主舞台の一つ。銀座のクラブが描かれる小説としては、「黒革の手帖」が有名でしょうね。Youtubeでドラマを見ただけで、小説は読んでいませんが。ところが、こういう世の状況になると、読んでいる最中に湧き上がる思いも、いつもと違ってきます。一晩で自分とは無縁の金持客が何十万円も使い、トップホステスが荒稼ぎする業界が崩壊することに、「今はそんなことできないだろう、ざまあみろ」という思いがふつふつとわいてくるのです。貧乏人のひがみ、ここに極まれりってことでしょうけど。はたしてパンデミック発生前のような彼らにとって良き時代が戻ってくるのでしょうか。それとも時代ががらっと変わったままになるのでしょうか。ひがみとは関係なく、後者だと思うのですが。

投稿: 小谷けん | 2020年4月10日 (金) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20007.探偵コナン・ドイル | トップページ | 映画『子どもたちをよろしく』 »