« 自分史と母校西南学院高校テニス部の歴史(3) | トップページ | デ杯、日本の敗戦とコロナウイルスの影響 テニスイベント軒並み中止 »

2020年2月24日 (月)

自分史と母校西南学院高校テニス部の歴史(4)

Img_3255
1920年(大正9年)7月26日  福岡日日新聞

『九州テニス協会60年史』に九州テニス界の詳細な歩みが書かれた部分は、署名がなくどなたが書かれたかは不明です。発行に関われた方のお名前はあります。修猷館高校OBの西村さんによると、西日本新聞社に勤務されていた方に違いないということです。すでにお亡くなりになっているとのこと。ご存命であれば西南高校テニス部についてもお話お聞きできたかもしれません。残念です。

図書館で古い新聞は、マイクロ資料として収蔵されています。
最近は何でもデジタル化されて、検索ワードを入力するとモニターに資料が現れるのが当たり前のようになっていますが、古い新聞はほとんどがデジタルデータ化されていません。
35ミリのフィルムの一コマに新聞1ページが撮影されていて、映画のフィルムのようにリールに巻かれています。モニターにセットしてコマ送りし、目当ての記事を探します。
根気のいる作業ですが、当時の広告や記事の見出しが目に入ってくるので時勢に触れることができる楽しい時間でもあります。しかし、戦争が本格的になるにつれて、紙面は嫌な記事にあふれ、ページ数も少なくなります。何てバカなことをしたのだろうと悲しくもなる作業でした。
何回か図書館に通い、新聞をモニターでめくって、福日大会の記事をプリントアウトしました。

西南学院創立の翌年に福日大会は始まっています。
西南学院は4回目からの出場です。
1926年(大正15年)には、2回勝ち進んでいるにもかかわらず、安息日のために棄権しています。西南学院の日曜日問題は旧制中学のテニス部にもあったことが確認されました。
最高成績は、1928年(昭和3年)の準優勝。名門東筑に敗れています。
この時のメンバーの中に、次の年に全国大会に出場する選手もいらしたようです。
西南学院が準優勝した翌年から、福日大会は準硬式ボールを採用します。1934年(昭和7年)からは硬球を使用しますが、その前年から西南学院の参加は確認できませんでした。
以下福日大会における西南学院の戦績の概要です。

1916(大正5年)   西南学院(旧制中学)創立 

1917(大正6年)   福日大会(福岡日日新聞主催中等学校庭球大会)開催

1918(大正7年)   校舎を西新に移転

1920(大正9年)   福日大会に初出場 豊国、佐中に敗退

1921(大正10年)高等学部(現:大学)創設

           福日大会 小倉師範、佐賀師範に敗退

1922(大正11年)福日大会 伝習館に勝利、長崎師範に敗退

1923(大正12年)福日大会 門司商業に敗退

1924(大正13年)福日大会 鞍手中に勝利、鹿島二中に敗退 全国大会準硬球採用

1925(大正14年)福日大会 島原中に敗退

1926(大正15年)福日大会 門司商業、小倉商業に勝利も鹿児島第二師範戦安息日のため棄権

1927(昭和2年) 福日大会 大分師範に敗退。この年からシングルス実施。

1928(昭和3年) 福日大会 鞍手中、小倉師範に勝利。決勝戦にて東筑に敗退

1929(昭和4年) 福日大会 若松中に勝利、長崎商業に敗退 準硬式採用

         第22回全国中等学校庭球大会にてS戸川選手、D板垣/戸川組2回戦敗退

1930(昭和5年)   福日大会 佐賀商業に敗退

1931(昭和6年) 福日大会 京城師範に敗退

1932(昭和7年) 全国大会硬式ボール採用

         この年以降西南学院の福日大会参加確認できず

1934(昭和9年)   福日大会 硬球使用大会と軟球使用大会実施        

1935(昭和10年)福日大会 硬式のみ実施 

1941(昭和16年)全国大会中止

1942(昭和17年)福日主催大会最後(西日本中等学校夏季錬成六大大会)

1943(昭和18年)全国大会中止

1944(昭和19年)全国大会中止

1945(昭和20年)終戦 全国大会中止

西南高校テニス部の歴史についてのブログはここまででいったん少しお休みします。
来週はデ杯ワールドグループ プレイ・オフ日本対エクアドル戦です。

コロナウイルスの影響で無観客試合になるかもしれませんが、私はお手伝いで会場に行きます。

 

|

« 自分史と母校西南学院高校テニス部の歴史(3) | トップページ | デ杯、日本の敗戦とコロナウイルスの影響 テニスイベント軒並み中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分史と母校西南学院高校テニス部の歴史(3) | トップページ | デ杯、日本の敗戦とコロナウイルスの影響 テニスイベント軒並み中止 »