« 憲法記念日 | トップページ | 体育会のくだらない慣習 »

2018年5月21日 (月)

日大アメフト部の事件

国民的事件となってしまった「関学VS日大 アメフト定期戦における違法タックル事件」。日大の内田監督がやっと姿を現し、関学関係者に謝罪して辞任を表明しました。内田監督はさぞ悔しい思いをしているでしょうね。

「なんで私がこれだけ非難されてマスコミに血祭りにされて辞めなくてはいけないのか」
と。

「あそこまで露骨な反則なんて指示していない。ばれない様にギリギリのところでやるのが当たり前だろ。へたくそで馬鹿な選手のせいで私のキャリアは無茶苦茶だ。」
「私は監督という絶対権力者だ。私の思いを忖度し、私に責任が及ばないよう上手くやるのが選手の使命だ。」
なんて思っているとしか思えないこれまでの経過と彼の態度。
そして何も動かない日本大学本体。

内田監督が悔しい思いをするのも仕方ないかもしれません。だって、この国では、最高権力者に忖度して違法行為ともいえることまでするのが当たり前。上からの指示はなかったとさえ言えばそれで終わり。事の顛末は明らかにする必要がないのですから。

内田監督は、潔さを感じさせたいのか
「すべては私の責任。弁解もしない。」
とは言いながら、反則を指示したことは明らかにしていないし、選手を擁護する言葉もなかったようです。24日までに文書で関学側に明らかにするとは言っていますが、期待できないように思います。

誰もが思っていると思いますが、顛末を明らかにして、内田監督にはすべての指導的立場から消えてほしいと思います。

それにしても、今回の騒動では、ほとんど日大サイドを擁護するコメントが見られませんね。

最近の日本では、最高責任者が明確な指示をしているかどうかだけが問題となり、物事の本質を忘れてしまうという風潮がまかり通っています。

高く買うところがあったにもかかわらすそれを安すぎるとことわりながら、権力者が関係しているところに国有地をただ同然で売る。権力者の友人には有利な条件で権利を認可する。立場を利用して相手を怖がらせ、不愉快な思いをさせた役人を法に触れていないと擁護する。すべてが、誰かの指示があろうとなかろうと、行われたこと自体が異常で間違ったことであるにもかかわらず、最高責任は自分の責任ではないと逃げるばかり。周辺は彼を守りことの顛末を明らかにしない。

そんな政治を異常だと思わないで現政権を支持する人がまだ3割もいるこの国のおかしさ。政権を非難する人々に対する誹謗中傷の多さ。であれば、日大アメフト部監督を擁護する人が出るとは思いきや、ほぼ沈黙。日本全体が日大を非難。

このアメフトの問題と同じように、いま日本の政治で何が行われているのか考えなくてはいけないと思います。たかがスポーツの問題で政治と一緒にするな、なんて言わないで欲しいな。



|

« 憲法記念日 | トップページ | 体育会のくだらない慣習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174694/73526968

この記事へのトラックバック一覧です: 日大アメフト部の事件:

« 憲法記念日 | トップページ | 体育会のくだらない慣習 »