« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月23日 (木)

16016.深夜プラス1

01bda5a7aeaa90d0e066916b72ff670fa79

私が20代の頃、撮影した女優さんの髪型をクライアントが気に入らず、撮り直せと言い出しました。撮影現場にはクライアント担当者が立ち会っていたので、女優さんサイドは納得しません。プロダクションの担当役員に大阪から再撮影のお願いの電話をするも、取り次いでもらえません。どうしようもなく上京し、恵比寿にあるプロダクション前の公衆電話から電話したら、その日の夜に麹町のテレビ局のロビーで会ってもらえることになりました。結局、こちらの立場を理解していただき再撮影することになり、車でホテルまで送っていただきました。車中では困っていたキャスティングの件にも相談に乗っていただき、自動車電話で連絡をとり、MCの方を紹介していただきました。その後の仕事は苦労もありながら、20代の若造を信用していただいた皆さんのおかげでこなすことができました。
忘れられない車中となった車が、シトロエンでした。この宇宙船みたいな形で、ふわふわした乗り心地の自動車が、『深夜プラス1』では重要な役割で登場しています。
大戦を引きずる時代。それぞれの車が個性を主張していた中でも、シトロエンは特異な車でした。
『深夜プラス1』の原著は1965年の作品。菊池光さんによる邦訳は1967年の発行。文庫版は1976年に発刊されていて、今回読んだのは発行されたばかりの鈴木恵さんによる新訳です。
私は文庫版で学生時代に読み、再読もしました。冒険小説の名作だと思います。

今回、新訳での久々の再読となりました。読んだ端から忘れてしまうという私の読書なので、新旧の比較なんてできませんが、今回も堪能させていただきました。フランスからリヒテンシュタインまで人を運ぶ、というお話ですが、インターネットも携帯電話もない時代だからこそ成り立つストーリーです。
現代では何でもがユーザーフレンドリーになり過ぎている。道具に対するこだわりがなくても誰でも同じようなことができる。でも、これは同じようなことしかできないということ。物にこだわりを持ち工夫することでプロフェッショナルな仕事ができる。この作品では、車がシトロエンのDSである理由があるけど、今ではどんな車でも同じようもの。性能の差も無きに等しいし、形も似たり寄ったり。これでは物語の主役級にはなりえない。
N
システムとか、防犯カメラとかが溢れている現代よりも逃げやすいかもしれないけど、逃げる側の情報収集も難しい。結局は如何に信用できる友人がいるかどうかにかかっている。信用するか否かの基準は「正義」の有無。「正義」が「金」の力を上回ったときに「友情」が成り立つのかもしれません。
対して「愛情」は、お互いの弱さを愛おしく思い、それを補おうとする感情かもしれない。だから、「損得」を考えると「愛情」は成立しない。
初めて読んだ時にはこの作品は大人に憧れる私にとってのファッションだったかもしれません。二度目は楽しんで読めたのでしょう。そして、この歳になって再読し本当の良さをやっと判ったのかもしれません。大人になったってことかな。

作品の冒頭、フランス語であろう会話の部分を読んでいると本当にフランス語の会話が聞こえてきました。あまりの作品の素晴らしさに、私の頭がどうかしてしまったのかと思いましたが、目を上げると留学生らしい学生がフランス語で会話しながら目の前を通り過ぎて行くところでした。
プロット、キャラクター、会話、蘊蓄、こだわり。良質のミステリとしての条件はすべて満たされ、戦争の余韻のある時代に、大げさだけど人生について考えさせてくれる、間違いなく名作です。
内藤陳さんは、「読まずに死ねるか」って言ったけど、死ぬまでにまた読みたい物語です。

『深夜プラス1』〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV) 文庫 2016/4/22
ギャビン・ライアル (), 鈴木 (翻訳)

内容(「BOOK」データベースより)
腕利きドライバーのケインが受けた仕事は、ごくシンプルな依頼だった。大西洋岸からフランスとスイスを車で縦断し、一人の男をリヒテンシュタインまで送り届けるのだ。だが行く手には、男を追うフランス警察、そして謎の敵が放った名うてのガンマンたちが立ちはだかる。次々と迫る困難を切り抜けて、タイムリミットまでに目的地へ到着できるか?プロフェッショナルたちの意地と矜持を描いた名作冒険小説が最新訳で登場。

著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)
ライアル,ギャビン
1932
年英国バーミンガム生まれ。1951年から53年までは英国空軍に従軍。退役後、ケンブリッジ大学で英語学の学位を取得し、以後ジャーナリストとして活動した。1961年に『ちがった空』で作家デビュー。『もっとも危険なゲーム』(1963)、『深夜プラス1(1965)など冒険小説の傑作を次々と発表。1996年には英国推理作家協会の会長をつとめる。2003年死去

鈴木/
早稲田大学第一文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

文庫: 425ページ
出版社: 早川書房; 新訳版 (2016/4/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150413835
ISBN-13: 978-4150413835
発売日: 2016/4/22
商品パッケージの寸法: 15.9 x 10.7 x 1.8 cm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

16015.過ぎ去りし世界

014a7a0b4a8d9b929ede32e9e7f32af7216

『過ぎ去りし世界』 (ハヤカワ・ミステリ1906) 新書 2016/4/7
デニス・ルヘイン (), 加賀山 卓朗 (翻訳)

最近、沢山人が死ぬ話を読むのが辛いのですよ。どれだけ悪人であろうとも簡単に殺してはいけないのではないか。名もない脇役でも人の子だよ。とか、思ってしまうのです。
アメリカのギャングの話なのでガンガン人が殺されます。ルヘインは大好きな作家です。この最新作を読むのは楽しみでした。でもね、序盤ちょっと読むのが辛い。悲しい不条理な話になりそうだったから。
ジョー・コグリンは表向き町の有力者であるビジネスマン。愛する妻はなくしたけど、一人息子は良い感じで育ってくれています。このまま穏やかな人生を送ってほしいと思うのですが、所詮ギャングの成り上がり。生死の瀬戸際にいることからは抜け出せない。殺されることが決まると逃げ出せない。逃げ出すには殺すしかない。死ぬ覚悟で生きるしかない。一生安らぎを得られない世界の生きる目的って何なのでしょうね。
老成した雰囲気を持つジョー。思わずメモしておこうかと思うようなセリフを吐いたりするのですよ(しなかったけど)。すっかり達観している様子で、私と同世代なったのかと勘違いするも、実際はまだ30代後半。人生半ば。このシリーズは一応完結したようですが、またジョーに会うことはできるのでしょうか。
いつのまにか「巨匠」になってしまったルヘインです。流石に上手ですね。早く読み進みたいと思いながらも、じっくり読ませてくれます。堪能させていただきました。

内容(「BOOK」データベースより)

第二次世界大戦下のフロリダ州タンパ。抗争のさなかで愛する妻を失って以来、元ボスのジョー・コグリンは、表向きはギャング稼業から足を洗い、一人息子を育ててきた。だが、そんな彼を狙う暗殺計画の情報がもたらされる。いったい誰が、何の目的で?組織を託した旧友のディオンや、子飼いのリコらが探っても、その真偽すらつかめない。時を同じくして新たな抗争が勃発し、平和を保ってきたタンパの町は揺れ動く…変わりゆく社会の裏で必死に生き残ろうと足掻く男たちの熾烈な攻防を力強く描く、巨匠の最新作。

著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)
ルヘイン,デニス
アメリカ、マサチューセッツ州生まれ。1994年のデビュー作でシェイマス賞最優秀新人賞を受賞。2013年には『夜に生きる』でエドガー賞最優秀長篇賞を受賞

加賀山/卓朗
1962
年生、東京大学法学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

16017.美しい国へ

01056e0d3bff3b4cbee951742b5fdf5f13d

『美しい国へ』 (文春新書) 新書 2006/7

安倍 晋三 ()

安倍首相の発言は酷いものばかりだと思います。最近では自身のことを「立法府の長」とまで言ってしまいました。「もしかしたら言い間違いかもしれない」ではすまない話だと思います。
私はこの人のことはもともと信用していないので今更とやかく言いたくないのですが、信じられないほど高い支持率なので、もしかしたら私のこの人に対する認識が間違っているかもしれないとも思ってしまいます。唯一ともいえるこの人の著作は読んでおくべきだと思い図書館で借りてきました。読みたくなかったのだけど。

昨年5月、安倍さんは国会の党首討論で共産党の志位さんのポツダム宣言についての質問に「私もまだ(ポツダム宣言の)その部分を詳らかに読んでいるわけではないので承知はしておりませんが…」と答えました。私は「戦後レジームからの脱却」が安倍さんの政治理念の根幹をなすものだと思っていました。それがポツダム宣言を「承知してない」というのはあまりにも無責任です。
安倍さんは過去の事実などは重要とは思わず、自身の理想のみを追求する人だと思っていました。しかし、この本には歴史的事柄や政治家の言動や他国の政治についてなどの引用多数。結局安倍さんの考える(思うではなくて)「美しい国」とは何かは、私にはよくわかりませんでした。
突っ込みどころは沢山あるのですが、ここだけは私が受け入れられないというところは戦争で亡くなった方に対する思い。靖国神社に祀られる英霊の皆さまは「国のために戦い、命を落とした」ことになっていますが、私は、「国のためだと騙され戦地に送られ殺された」と思っています。だから、皆様には「国のために戦ってくれてありがとう」ではなく、「私たちの為に大切な命を無駄に奪われてしまい申し訳ありませんでした」と思うべきだと私は考えるのです。誓うべきは、「二度と無駄に人を殺すような戦争はしません」であり、「日本は強い国になります」ではないと思います。安倍さんや靖国神社には、亡くなられた方への「贖罪」の気持ちが感じられないのです。まるで「今度はうまいことやるからいつでも命投げ出す用意しておけよ」と言われているように感じるのです。
国のあり方については人それぞれの考え方があると思います。私は「人があっての国」だと思います。「国あっての人」だとは思いません。国がなくても人は存在できるけど、人がいないと国は存在することができません。人に死を強要する国は国として認められません。
戦後70年間。日本は人に自国のための死を強要しませんでした。このことに日本は自信を持ち、世界に誇るべきです。
普段読んでいるミステリのように楽しい本ではなかったので、詳らかに読んだとは言えませんが、安倍さんを支持する理由は全く見つけられませんでした。残念な時間の使い方だったかもしれません。

内容(「BOOK」データベースより)
自信と誇りのもてる日本へ。「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方…その指針を明示する必読の書。

著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)
安倍/晋三
内閣官房長官。1954年、東京生まれ。成蹊大学法学部卒業。神戸製鋼所勤務を経て、82年に父・安倍晋太郎外務大臣の秘書官に。93年、衆議院議員に初当選。内閣官房副長官、自由民主党幹事長、同代理などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

新書: 232ページ
出版社: 文藝春秋 (2006/07)
言語: 日本語
ISBN-10: 4166605240
ISBN-13: 978-4166605248
発売日: 2006/07
商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »