« 16013.あなたが世界のためにできるたったひとつのこと | トップページ | 16017.美しい国へ »

2016年5月27日 (金)

16014.夏に凍える舟

01510492ffe2f1b4e116028070db66bf4a8

『夏に凍える舟』 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 新書 2016/3/9

ヨハン テオリン (), Johan Theorin (), 三角 和代 (翻訳)

田舎道をドライブすると、しみじみ日本はきれいな国だと思います。高速道路以外の道路も整備されていて走りやすく、景色を楽しみ季節を感じることができます。
都会でしかできない仕事(と思っていた)をし、必要なすべてを金で買って生活することしか知らなかった私には、田舎での生活を想像できませんでした。仕事を辞めることを決めた後に、田舎に暮らす友人を訪ね、その暮らしぶりを聞いて、人間は食べるものと住むところがあれば生活ができるという当たり前のことに気が付いた私は、益々田舎の風景が美しく見え、気持ちよく感じるようになりました。自然とうまく折り合いをつけられるように作られた景色は良いですね。

エーランド島シリーズもついに最終回。3月に出たこの本を読むために読んだ前3作。幸せな時間でした。すっかりエーランド島に嵌ってしまいました。
自然と折り合いをつけながらの島の暮らし。濃密な人間関係。自然と人間が作り出す伝説と事件。陰鬱で救いのない物語という部分もあるのですが、なにか田舎の友人を訪ねて話を聞いているような気持ちの良い時間を過ごせたような気がします。

エーランド島の夏は賑やかです。前作までとは違い現代的なサスペンス・ミステリの様相です。今回語られるサイドストーリーは前作までに語られた伝説的なものではなく、イデオロギーの対立という世界的な情勢に翻弄された残酷な人生。その人生と利益至上主義の現代経済の実践者が交わって織りなす物語です。
イェルロフ爺さん全編探偵役として大活躍。もう会えないかもしれないと思うと寂しい気もしますが、老体に鞭打ちこれだけ頑張ったのだからゆっくり過ごして欲しいと思います。

内容(「BOOK」データベースより)
エーランド島に美しい夏がやってきた。島でリゾートを経営する富裕なクロス一族の末っ子ヨーナスは、海辺で過ごす二年ぶりの夏に心躍らせていた。しかしある夜、ボートでひとり海にこぎだした彼の目の前に、幽霊船が現われる。やっとのことで陸に戻ったヨーナスは、元船長イェルロフのボートハウスの扉をたたく。少年から話を聞いたイェルロフは、不吉な予感を覚える…。一方その少し前、復讐を誓うある男が島に帰りついていた。記憶と思いを丹念に描き上げた、エーランド島四部作をしめくくる傑作ミステリ!

著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)
テオリン,ヨハン
1963
年スウェーデン、ヨーテボリ生まれの作家。2007年に『黄昏に眠る秋』でデビュー。長篇第二作『冬の灯台が語るとき』で「ガラスの鍵」賞など三冠に輝く

三角/和代
1965
年福岡県生、西南学院大学文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

|

« 16013.あなたが世界のためにできるたったひとつのこと | トップページ | 16017.美しい国へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174694/65701594

この記事へのトラックバック一覧です: 16014.夏に凍える舟:

« 16013.あなたが世界のためにできるたったひとつのこと | トップページ | 16017.美しい国へ »