« 16008. アルファベット・ハウス | トップページ | 16010.黄昏に眠る秋 »

2016年4月20日 (水)

16009.メディアと自民党

Img_0106_3
『メディアと自民党』
(角川新書) 新書 2015/10/24
西田 亮介  ()

怒涛のポケミス5冊完読の後は、未読が溜まっている津田さんのメルマガで紹介されていたこの本を図書館で借りて読むことにしました。最近のメディアのだらしなさ。最もその情けなさは今に始まったことじゃ無い気がするけど、安倍政権、自民党の圧力が強いのは事実のようで、メディア、特にテレビの情けなさが際立ってしまっているのでしょうね。30年以上メディアと付き合いのある仕事をしたけど、本当に信頼できると思えた人はほんの一握り。気骨を感じた人は数人。ほとんどはテレビ界の常識、世間では非常識に腹を立てながら仕事をしていました。テレビ局の営業担当の話題と言えば、女、酒、ゴルフ。私はどれも苦手。一緒に仕事するのは辛いですね。
 第一次安倍内閣後、野党時代の自民党の民主党に対するネガティブキャンペーンは酷かった。当時私が担当していたクライアントの担当の方が、あんな酷いこと本当に電通がやっているのか?と聞かれたことを思い出します。自民党の本質なんて相手を貶めることをよしとする、そんなもんかもしれません。それにしても酷すぎるネガティブキャンペーンがなぜ実施されたのかを知りたかったのですが、この本ではそのことはほとんど触れられていません。この酷い時期を除く前後、そして現在でも、自民党の広報戦略の重要な担い手は世耕さんであることは確かのようです。近畿大学の広報戦略も見事なものがありますよね。
広報戦略っていっても、特別なことをしているとは思えません。広報は広告と違って伝えるべきことをきちんと伝えることが全てです。表現方法に拘りすぎると本質とは違うものになってしまいます。この本の中で、自民党の広報戦略がうまくいっているとされている時期、それは広報のコンサルが入っている時期のようですが、当たり前のことをきちんとやっていたのだと思います。これはとても難しいことなのですが、うまく行き始めると簡単なことのように勘違いされて、コンサルは疎んじられ極端な成果だけを求められてしまい、悪い方向に進みます。自民党議員の「失言」の多さは広報的には最悪の状況です。彼等にとっての「失言」であって、私達からすれば、驕った政治家の「本音」です。発言の酷さに腹が立ちますが、冷静に「本音」を捉えて政治家を選別していくべきです。彼らに謝らせるのでなく、落選させればいいのです。
 広報戦略は、自らの主義主張を正しく伝え共感を得るためのものであってほしいと思っています。「嘘も方便」は許されないし、恐喝、恫喝を用いたメディアコントロールは広報ではありません。良心的学者の皆様方には、メディアが政治家よりも国民、市民の側に確固として立ち、国民、市民にはメディアの発信する情報を正しく判断できるリテラシーを醸成できる方法を追求していただきたいと希望します。

 この本の作者が本当に言いたいことは冒頭の20ページ、「はじめに」に書かれていることがすべてのようです。が、本当の本音については書ききれていないような気がします。まだ何か抑制、自己規制しているように感じられます。その項の最後は、「現代日本のメディアと政治をめぐって生じている、ときにはスリリングで、ときには惰性的で辟易とするような状況を読者が理解する一助となれば嬉しい。」と結んでいます。私にとっては、この状況を理解する一助となったとしても、この現状の救いのなさについて、焦燥感を超えた無力感に腹が立つばかりであります。


内容紹介
小選挙区制、郵政選挙以降の党内改革、ネットの普及が、メディアに対する自民党優位の状況を生み出した。「慣れ親しみの時代」から「隷従の時代」への変化を、注目の情報社会学者が端的に炙り出す。田原総一朗推薦。

著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)
西田/亮介
東京工業大学大学マネジメントセンター准教授。博士(政策・メディア)1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。()中小機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大学特別招聘准教授などを経て現職。専門は情報社会論と公共政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報
新書: 255ページ
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2015/10/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4041027470
ISBN-13: 978-4041027479
発売日: 2015/10/24
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2 cm

|

« 16008. アルファベット・ハウス | トップページ | 16010.黄昏に眠る秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174694/65066304

この記事へのトラックバック一覧です: 16009.メディアと自民党:

« 16008. アルファベット・ハウス | トップページ | 16010.黄昏に眠る秋 »