« 15018.41歳からの哲学 | トップページ | 『.父の詩集』 福岡市総合図書館にて② »

2015年10月11日 (日)

『文林堂の活版印刷と福岡の同人誌』 福岡市総合図書館にて①

01b64bf6bda518c6445dc44e593bd52d9a7

福岡市の図書館に行ってきました。蔵書120万冊、閲覧席1,000席。展示ホールや映画館もある大きくて、素晴らしい図書館でした。
図書館司書としての興味以外に来館の目的は二つ。その一つが展示ホールで開催されていた「活版印刷」についての企画展示『文林堂の活版印刷と福岡の同人誌』を見ることでした。
福岡の印刷会社「文林堂」に現存する活版印刷の設備や、印刷された同人誌の展示です。父が参加していた詩の同人誌はこの印刷屋さんで刷られていました。展示の中に父の名前もあったことを地元新聞社の記者の方に知らせていただきました。

今では信じられないことかもしれませんが、活版印刷は一文字毎の活字を並べて「版」にします。1文字のハンコを並べて文章にしてそこにインクを付けて印刷するような、印刷方法の原点です。
今ではパソコンで仕上がりを具体的にイメージしながら原稿を作り、そのままに印刷されます。原稿を作る人と印刷する人のコミュニケーションが無くても印刷できます。活版印刷では、手書き文字による原稿にしたがって「版」が作られます。書体や文字の大きさ、改行など文字の送り方も原稿上で文字により指示されます。その仕上がりは校正用に印刷されるまで具体的に確認することはできません。訂正するには時間と労力が必要です。原稿を作る人と、印刷する人がお互い思っていることを理解し、認識が一致しなければ印刷できません。印刷はクリエーターと職人の共同作業。お互いに想像力と知識と技術が求められるプロフェッショナルの作業でした。
私も30年以上印刷に関わる仕事をしてきました。私の時代にはすでに活版印刷からオフセット印刷になっていましたが、版下原稿で印刷の指示がされていました。カラー印刷での色の指示も4色の掛け合わせが数字で指示されていたので、広告会社の社員とはいえ印刷に関する基本的知識は最低限必要でした。その上で、クリエーターと印刷屋さん、クライアントとのコミュニケーションは絶対に必要だったのです。
昔が良かったというつもりはありません。いろんな技術が発達し、便利になったことは良いことだと思います。ただ、私たちがあの頃、便利になって欲しいと思い、便利になることで得られると思っていたことと、便利になった今の状況が違うものであるように思います。

父の書斎を片付けていたら、父が参加していた同人誌「パルナシウス」に寄稿した原稿が出てきました。原稿用紙に書体や文字の大きさ、字間などの指示が赤字で記されています。父は誰とどんな想いを共有しようとしていたのでしょう。

|

« 15018.41歳からの哲学 | トップページ | 『.父の詩集』 福岡市総合図書館にて② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174694/62005827

この記事へのトラックバック一覧です: 『文林堂の活版印刷と福岡の同人誌』 福岡市総合図書館にて①:

« 15018.41歳からの哲学 | トップページ | 『.父の詩集』 福岡市総合図書館にて② »