« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年8月23日 (日)

15020.スクラップ・アンド・ビルド

014b905c8bf21664e5385631a4eab5498e5

『スクラップ・アンド・ビルド』 単行本 2015/8/7
羽田 圭介 ()

芥川賞は「文芸春秋」で読みます。『火花』は読むのに苦労しましたが、『スクラップ・アンド・ビルド』は一気に読み切りました。
主人公は仕事を辞め、祖父の介護をしながら就活中の若い男性。スイスイ読めて、続編を読みたいと思える(読まないと思いますが)のはこちらでした。
主人公に感情移入できて、ミステリ的要素があったからだと思います。
純文学の評価基準が何かはわからないのですが、時代を切り取り景色と心情を描写し、読者の反発も含めた共感を得られることが、そのひとつかもしれません。最近の受賞者では田中慎弥さん、西村賢太さんの作品は何故か読まされてしまいました。
『火花』の単行本は230万部以上売れているそうです。芥川賞などの文学賞の目的は、優れた小説を書く人と読む人を増やすことだと思います。『火花』の話題性で文芸春秋を買った人が、『スクラップ・アンド・ビルド』も読んで、この著者の他作品や過去の受賞者作品をも読んでくれればいいですね。
『火花』と同時受賞なので、どうしても芥川賞のこと、『火花』との比較の話になってしまいますね。
この『スクラップ・アンド・ビルド』には、若い世代にとっての「家族」「介護」「恋愛」「就職」のほかに見事に皮肉を込めた現代社会のありさまが描かれています。最近TVでバンバンやっているあのビフォー・アフターの広告。肉体を鍛えることは高い金掛けなくてもできるんだよね。

内容紹介
153回芥川賞受賞作

「早う死にたか」
毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、
ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。

日々の筋トレ、転職活動。
肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えゆく生の隣で次第に変化して……。
閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!

単行本: 121ページ
出版社: 文藝春秋 (2015/8/7)
言語: 日本語
ISBN-10: 4163903402
ISBN-13: 978-4163903408
発売日: 2015/8/7
商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.6 cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

15019.火花

41iugezhdnl

『火花』 単行本  2015/3/11
又吉 直樹  ()

芥川賞受賞作。お笑い芸人、ピースの又吉が受賞したとあって大きな話題となりバカ売れしているようです。私の勤める図書館でも多くの人が予約待ちしていて借りられるのは随分先になりそうです。受賞にふさわしいとかふさわしくないとか、単なる話題作りではないのかとか、いろいろ言われているようですね。そもそも「賞」というのは話題作りが大きな目的で、芥川、直木の両賞は完全に商業ベースであることは間違いなく、受賞作が売れることが成功の証しだと思います。その意味では純文学作品にしては異例の売れ行きであるこの作品は受賞にふさわしいものだと言えるでしょう。
私には純文学作品について批評する資質がありません。エンタテイメント作品では、面白いか否かがすべてだと思いますが、純文学作品では何を基準にすれば良いのかわかりません。ただ、優れているとされている作品を読むと、自ら想像しようとすることなくその描写がはっきりと自分の中で実感できることがあります。読み手が文章に同化するとでもいうのでしょうか。もしかしたら、その辺りが純文学作品の優劣かもしれません。芥川賞作品すべてを読んでいませんが、過去の受賞作品ではそんな体験をさせてもらい、その作者の他の作品を読みたいと思ったことがあります。
『火花』では、残念ながら「同化」できませんでした。登場人物の台詞や、状況描写に思考力と想像力が必要だったように思います。読むのが辛くて、何度も中断しながら読み終わりました。一方の受賞作『スクラップ・アンド・ビルド』は、スイスイ読むことが出来たのですが。
だからといって、『火花』が文学的に駄目な作品だとは思いません。批評できる資質がないのにこんなこと言うのもなんですが。きちんとした文章で、なんとなくオチもあり、大笑いはできないけど、なんとなく笑える落語みたいな気がします。そう、最初からそう思って読めば、もっと楽しく読めたかもしれませんね。

内容(「BOOK」データベースより)
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)
又吉/直樹
1980
年大阪府寝屋川市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

単行本: 152ページ
出版社: 文藝春秋 (2015/3/11)
言語: 日本語
ISBN-10: 4163902309
ISBN-13: 978-4163902302
発売日: 2015/3/11
商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2 cm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »