« 卒業旅行③ 海洋堂ホビー館四万十 | トップページ | 悲しい衆議院選挙の結果 »

2014年12月10日 (水)

NAHAマラソンと辺野古、普天間① マラソン編

243

恒例のNAHAマラソンに行ってきました。
結果は中間地点でリタイア。トレーニング不足で全く走ることが出来ず、那覇では初めてリタイアバスに乗車しました。全く完走を望めないコンディションだったので悔しさは感じませんでしたが、後半の応援と差し入れを楽しむことが出来なかったのはとても残念でした。来年の完走目指してボチボチ走ろうと思います。
 
一昨年参加して制限時間30秒前にギリギリゴール。昨年は参加を見送りました。それまでは先着順のエントリーだったのですが、今年は抽選になりました。8月に落選の通知を受け取ったのですが、2次抽選で当選しました。しかし、その通知メールを見落としていたようで、9月末の申し込み締め切りの日に確認メールでようやく気が付き申し込みました。そこからのトレーニングでは無理とほぼ諦めモード。10月こそ、そこそこ走ったのですが、ペースが上がらず、11月はほぼ走らず。私の場合、ちゃんとトレーニングして人並みの体力です。今回はハーフが目標でした。

市民マラソンンは目標タイムや実績タイムの人からゼッケン番号が割り当てられます。そしてスタートは番号順に前から並びます。NAHAマラソンは運営が緩くて、以前は前の方に割り込むことが出来たのですが、数年前から厳しくなりました。自分のゼッケン番号のブロックからスタートすることはできません。当然私は最後尾からのスタートです。今年もスタート地点まで20分以上かかりました。なんか、エントリーが抽選となったことといい、スタート位置が厳しくなったことといい、このマラソンの「緩さ」という魅力が全国的なマラソンブームにより薄くなってきているような気がします。地元の知り合いも「緩さ」が良かったのにと、怒っていました。

とはいえ、沿道の応援の素晴らしさは健在です。最初の目標である7㎞地点での「YMCA」。コースを埋め尽くしたジョガー達が一斉にYMCAをやるのは圧巻です。15㎞地点位かな、「鉄腕アトム」も恒例。その他、沖縄の太鼓や、子ども達の踊り、生バンドの演奏など、いっぱい力を貰えます。なのに、私の今回の目標は中間地点。沿道の応援にも申し訳なさを感じて、差し入れにも遠慮がち、心から楽しむことができません。そんな完走が望めない最後尾の私たちにも、制限時間を過ぎてからも声援を送ってくれた沿道の沖縄の皆さん、ありがとうございました。来年も必ず戻ってきます。そして完走します。後半の方が差し入れがバラエティに富み、もっと楽しいのですよ。

今回の沖縄行の目的はマラソン完走ではなく那覇以外の場所を訪れること。これまで5回も沖縄に行っているのに、マラソンを走るだけで那覇以外を訪れたことはありませんでした。一日前の金曜日に那覇入りして、那覇以外に足を延ばすことにしました。おっさん一人でリゾートに行くのも気持ち悪いので、平和を愛する日本人として、問題になっている「辺野古」「普天間」を少しでも実感するために現地を訪れることにしました。続きは次回。

|

« 卒業旅行③ 海洋堂ホビー館四万十 | トップページ | 悲しい衆議院選挙の結果 »

コメント

お~、素晴らしい!頑張りましたね。リタイアでもいいじゃないですか。人間一生挑戦ですから。僕もテニスを頑張ります。

投稿: 翻訳やさん | 2014年12月10日 (水) 15時06分

翻訳やさん、ありがとうございます。テニスをもっと楽しくプレイしたいために走り始めたところ、那覇マラソンの楽しさに嵌ってしまいました。

投稿: | 2014年12月16日 (火) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174694/58227763

この記事へのトラックバック一覧です: NAHAマラソンと辺野古、普天間① マラソン編:

« 卒業旅行③ 海洋堂ホビー館四万十 | トップページ | 悲しい衆議院選挙の結果 »