« 浅草散歩 | トップページ | 14005.限界集落株式会社 »

2014年3月27日 (木)

世紀の日本画

Promotion_0

 325日、父親との東京散歩。浅草グリルグランドでの食事の後、上野の美術館に行き、特別展「世紀の日本画」を鑑賞しました。代表的な日本画を集めたものだと思っていたのですが、日本美術院再興100年記念の展覧会で、他の会派の方作品はありませんでした。
 展示作品は素晴らしいものばかりで、どれもどこかで見たことがあるような気がする作品ばかりです。実際に美術館などで観たものではなく、たぶん、TXの「開運!なんでも鑑定団」あたりで見ているのではないでしょうか。実際に鑑賞することができて、日本画の素晴らしさを再認識しました。
 私にとってこの美術館は30数年前、学生の頃、父親の従弟の日本画家が出品している展覧会を見に来て以来久々にきたことになります。観覧中に看護師国家試験の合格を知らせるメールがあり、思い出深いものとなりました。

 私の父は幼いころに父親を亡くし、母親が住み込みで働きにでたので、京都でその兄、父にとっての叔父の家で小学校時代を過ごしました。叔父の子ども、父にとっての従弟と一緒に暮らしたのですが、その長男、西村昭二郎さんは東京芸術大学を卒業し、日本画家として活躍しました。日本画の会派、「創画会」の会員で、同じく会員の加山又造さんとは同級生で、昭二郎さんの告別式での友人代表弔辞は加山さんでした。美術院の平山郁夫さんは下級生で、同じ時期を芸大で過ごしたようです。芸大では画材を後輩に渡していたらしく、平山郁夫さんは、昭二郎さんの名前があるキャンバスを持っていたと、後日仕事をご一緒させていただいた時に私の父に話してくれたそうです。
 当時の芸大では泊まり込みで卒業制作をしていたらしく、私の父親も手伝いで泊まり込んだことがあるそうです。上野の銭湯に行くのに、真夜中の12時過ぎてから行こうと言われ、行ってみると男女混浴だったそうです。女性の裸を見慣れている筈の画学生達も混浴は大好きみたいだったようですね。父親によると、若い普通の女性が入浴していたそうです。おおらかだったのですね。

 鑑賞後に1階のカフェでお茶をいただきながら、父親の昔話を聞かせて貰いました。そういえば、昭二郎さんにもここのレストランでご馳走になりました。昭二郎さんにもう一度ご馳走になることはできません。父親とはいつまで話ができるのでしょう。
 今回の東京集合は、昨年膵臓癌の手術をした父親の快気祝いと、私の妻の看護師試験お疲れ様会でした。とても貴重な時間を過ごすことができました。

0141bc5ff923490bec9bf0d0354ffaefec6
 羽二重と抹茶のセット。お盆も茶碗も岡倉天心にちなみ福井のものだそうです。

|

« 浅草散歩 | トップページ | 14005.限界集落株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の日本画:

« 浅草散歩 | トップページ | 14005.限界集落株式会社 »