« 図書館が街を創る。~「武雄市図書館」という挑戦 | トップページ | 今年最初のクリスマスパーティー »

2013年10月15日 (火)

ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所

015965a938624d5cc669daa23812dbda008

(ちくま新書)/青砥恭著
筑摩書房 / 237ページ / 200910月発売
ISBN/EAN 9784480065117

  読んでいてつくづく私はとても幸せな人生を歩んできたのだと思った。本当に欲しいもの、必要なものが手に入らなかったことはほとんどなかった。食うに困ったことなんて全くなかった。高校や大学に行くのは当たり前のことだと思っていた。それは、私が私の両親のもとに生まれ育ったからなのですね。本を読むのは楽しいことだった、勉強は好きではなかったけれど、進学校にいくのは当たり前だと思っていたし、その環境にあった。両親が当たり前のように本を読んでいたし、高校や大学に行くのも当たり前だと思わせてくれた。私は学歴で人を判断したくないと思っているけれど、学歴の低いことを本人の努力や資質のせいだとどこかで考えていた。自分が親になって、子供達がその家庭環境により大きく差がつくことはなんとなく理解したつもりだったけど、この本に書かれていることはその想像を大きく超えていた。交通費が出せないから学校に通えないなんて、考えたこともなかった。221Pに「戦後日本の中学生不登校率」のグラフがある。私の中高生時代、1970年代は0.005%位で最もその率が低い時代だった。2000年代に入ると7倍にもなっている。幸せな時代だったのかもしれない。

 世の中に「順位」が必要なことは否定しない。でも1位はそれ以下の人がいるから1位なのですよね。上位にいる人間は、その下にいる人に感謝するべきです。彼らがいるから上位にいられるのです。ずっとそう考えてきました。僕自身は上位にいるとは思っていなかったから、負け惜しみの気持ちがあったかもしれない。でも、ほとんどの人が知っている大学を卒業し、社名を言えば信用してくれる会社に勤めることは、多くの人から上位にいると思われるでしょうね。私自身はたまたまそうなっただけで自慢なんてできないと思っているけれど。だから、この幸せな立場を幸せだと思い、今の自分をより良いものとし、社会全体のことを考えなくてはいけませんね。気の毒だとか、憐れむとかじゃなくて、よりフェアで生きやすい世の中にするために。何もできなくても、考えたり、少なくとも思い、感じなくてはいけないでしょう。

 娘は、今のところとても良い子に育っているようです。自分の行きたかった学校に進学できて幸せだと言っています。それが当たり前だとは思っていないようです。他人に対する思いやりが必要なことも理解しているようです。何不自由なく勉強できる環境にあるのだから、社会のために役に立つ人間になって欲しいと思います。

 私の住む大阪で学校間や生徒間、教師間の競争を激しくすることで学力を上げようとしているようです。数字だけで学力を判断しています。学力の向上は社会をより良いものにするために必要なのだと思います。だとすれば、競争を激しくすることは、数字上の学力を上げるだけで、いや、それも上がらないかもしれない、いろんな意味で格差を広げ、経済や財政的にも社会的コストが上がってしまいます。18世紀のイギリスの政治家エドモンド=バークは「教育は国家にとって安くつく防衛手段」と言ったそうです。(P62)。「防衛手段」というのは抵抗がありますが、少子化が進む現在、少ない子供の一部をエリート化するよりも全体を底上げし、戦力化(この言葉も好きではないけど)すれば、税収も上がるし、全体の社会保障費も結果的に下げられるのではないでしょうか。教育は何よりも効果的な投資だと思います。そしてその投資は子供全体に公平な機会を与えるための投資であるべきだと思います。

 本の内容が衝撃的すぎて、この文章は何が言いたいのかわからなくなっているかもしれません。とにかく、子供や若い世代が、登校拒否したり、非行に走ったり、無気力だったり、非常識だったりするのを一概に彼らの自己責任だと思わないで欲しいと思います。彼らは私たち社会全体が育てているのです。この本に書かれていることを読んで今一度、社会と教育について考えて欲しいです。

|

« 図書館が街を創る。~「武雄市図書館」という挑戦 | トップページ | 今年最初のクリスマスパーティー »

コメント

貴方の弟で良かったです。
誇りに思います。

投稿: 可愛い博多の弟 | 2013年10月16日 (水) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174694/53604211

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所:

« 図書館が街を創る。~「武雄市図書館」という挑戦 | トップページ | 今年最初のクリスマスパーティー »