« 手作りおやつ | トップページ | 11005.キュレーションの時代 »

2011年2月14日 (月)

彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)

7999D886-2F7B-4270-BCC6-5FBF5C63A791
連休明けの月曜日だというのに、代休を貰って妻とバレンタインデート。松竹座で歌舞伎を鑑賞しました。
3階席だったので花道がちゃんと見られないのが残念でした。演目は仁左衛門の彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)もちろん、最低限の予備知識がないと面白くないのですが、通し狂言なので、事前の情報なしでもストーリーを楽しめます。ただ、4時間の長丁場。見せ場は大詰。四幕目で仁左衛門さんが登場したときには私は疲れてしまっていました。ウトウトしかけたのですが、仁左衛門さんが舞台に上がるとグッと華やかになるんですね。やっぱり違いますね。
松也さんのお菊も素敵でした。子役が舞台上でウトウトしてしまい、とても可愛かったのですが、妻がそれに気が付き私に伝えようとしたら私もウトウトしていて、呆れられました。

通し狂言は初めてだったのですが、昔の人は一日かけてゆったりと歌舞伎を楽しんだであろうことを感じられました。贅沢な娯楽です。贅沢といっても、堅苦しいものではなく、歌舞伎はコメディで、役者さんはコメディアンであるという思いを強くしました。当たり前かもしれないけど、滑稽な動作や台詞廻しは今の吉本なんかに通じてます。敵討ちという明るいとは言えない話ですが、大いに笑うことが出来る演目でした。リラックスして構えずに見ていると、かっこよさ、美しさ、滑稽さを堪能できます。仁左衛門さんはもちろん、役者さんの立ち振る舞いは素晴らしいですね。

<オフィシャルサイトから転載>
片岡仁左衛門 昼夜の仇討
二月大歌舞伎

通し狂言

  彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)

  序 幕 第一場 長門国住吉鳥居前の場
      第二場 同 社前の場
      第三場 同 郡城下馬場先の場
  二幕目     長門国吉岡一味斎屋敷の場
  三幕目 第一場 山城国眞葛ヶ原浪宅の場
      第二場 同 釜ヶ淵の場
  四幕目 第一場 豊前国彦山杉坂墓所の場
      第二場 同 毛谷村六助住家の場
  大 詰     豊前国小倉立浪主膳正本陣の場

                 毛谷村六助  仁左衛門
               一味斎姉娘お園  孝太郎
                  京極内匠  愛之助
                一味斎妻お幸  竹三郎
               一味斎妹娘お菊  松 也
                 衣川弥三郎  薪 車
                 若党佐五平  猿 弥
           吉岡一味斎/杣斧右衛門  彌十郎
               衣川弥三左衛門  段四郎

通し狂言
  彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
 『彦山権現誓助剱』(ひこさんごんげんちかいのすけだち)は、もともと人形浄瑠璃の仇討ちものの傑作で、天明7(1787)年に歌舞伎に移されました。九段目にあたる「毛谷村」(けやむら)の場は、よく知られていますが、関西での通し上演は、実に67年ぶりとなります 。

 長門国郡家(こおりけ)の武道指南役吉岡一味斎(いちみさい)は、妻お幸、娘お園、妹娘お菊を残して、京極内匠(きょうごくたくみ)に殺されます。一家は仇討ち御免の御墨附を貰いますが、仇討ちの道中でお菊は返り討ちに遭ってしまい、一子の弥三松を佐五平に託します。

 一方、一味斎の弟子毛谷村の六助は豊前国彦山の麓で百姓暮らしをしていました。六助が杉坂の墓所で母の墓参りをしているところ、微塵弾正(みじんだんじょう)という男に御前試合に負けて欲しいと頼まれます。そこへ京極に襲われた佐五平が現れ、弥三松を六助に託して息絶えるのでした。

 約束通り、六助は御前試合で微塵弾正に負けてやります。そこへやって来たお園は、甥の弥三松が六助の家にいることから、佐五平を襲ったのが六助だと思い込み、斬りかかります。しかし実は、六助とお園は一味斎が決めた許嫁同士で、先の微塵弾正こそ京極内匠だったのです。正義感の強い六助は怒りに震え、京極内匠の仕官する小倉領内へと仇討ちに出立し、お幸、お園、弥三松の後見として、見事本懐を遂げるのでした。

 毛谷村の六助を、満を持して仁左衛門が初役で勤め、剣の達人にして、朴訥で正義感に溢れる六助を、颯爽と余すところなく魅せます。個性豊かな登場人物たちが彩る、波瀾万丈で起伏に富んだ物語を、丁寧な通し上演の形でお楽しみ頂きます。

|

« 手作りおやつ | トップページ | 11005.キュレーションの時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち):

« 手作りおやつ | トップページ | 11005.キュレーションの時代 »